ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

「邪馬台国」と不弥(ふみ)国の謎 —倭人伝の国々の真実—

au WALLETポイント 0

あらすじ

詳細を見る

邪馬台国は女王国ではなかった。不弥国が女王国であり、国の中に国があり、邪馬台国の中に女王国があった。

これまでの論は邪馬台国を女王国と考え、邪馬台国を探し求めてきた。しかし、倭人伝には里数行程の最後の不弥国が女王国と書かれていた。邪馬台国は博多湾岸から有明海までを領土とする大国で、水行十日陸行一月とは郡から邪馬台国の北の海岸までの距離であった。国の中に国があり、邪馬台国の中に女王国と呼ばれた不弥国があり、女王国の所在地は佐賀平野の吉野ヶ里遺跡であった。解読した内容を「女王国より以北」「女王国の東」「倭地周旋五千余里」と比較するといずれの文にも一致し、倭人伝を正しく解読できたことが証明された。

【目次】
はじめに
第一章 魏と倭との外交              
第二章 倭人伝、解明の基礎
第三章 朝鮮半島を出発する
第四章 対馬海峡を渡る 
第五章 九州に上陸する  
第六章 女王国への道 
第七章 女王国に到達する   
第八章 「女王国より以北」の論証
第九章 女王国の北にある投馬国と邪馬壱国  
第十章 倭国の領域
第十一章 卑弥呼の生涯
あとがき
倭人伝全文 
倭人伝原文
主な参考文献 

【著者】
野田利郎
1946年、北九州市に生まれる。埼玉大学経済学部を卒業。住友海上火災保険㈱などに勤務の傍ら古田武彦氏の文献学を学ぶ。国生み神話、天孫降臨のニニギノ尊の詔など古代史の謎に挑戦。近年、倭人伝の文献を探求し、女王国は不弥国であり、邪馬台国の中にあったことを倭人伝の地理の文「倭地周旋五千余里」等から論証。主な論文に「淡路島考」(『古代に真実を求めて・十三集』)、『「笠沙」は志摩郡「今宿」である』(『同上・十四集』)(以上「明石書店」)、「倭地、周旋五千余里」(『邪馬壱国の歴史学』ミネルヴァ書房)がある。

作品情報

詳細を見る
タイトル:
「邪馬台国」と不弥(ふみ)国の謎 —倭人伝の国々の真実—
ジャンル:
心理・思想・歴史歴史・地理日本史
著者:
野田利郎
出版社:
ボイジャー
掲載誌:
ファイルサイズ:
19.5MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード