ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

鳥マニアックス

松原始
(4)
読み放題
2020/2/29 23:59までFAQ
価格:1,440(税抜)

読み放題プラン:初回入会時30日間無料

読み放題プラン(総合コース)に入会して読む 購入して読む

あらすじ

詳細を見る

鳥の「すごい! 」ところ(生態ほか)をマニア(ミリタリー・鉄道・航空、SF等小説・映画・漫画・アニメなどオタク文化を嗜んでいる方々、
それらのジャンルに興味をもっている初心者)のツボを押さえつつ(反応しそうなアイテム、創作物に登場&関連する事物、
事象をできるだけからめながら)紐解く、鳥とそのまわりの知識・雑学を紹介。

〇鳥の色察知センサーの凄さ
確実に人間より優れているのは、色彩分解能と時間分解能だ。
鳥からすれば、人間の見ている世界など、何世代か前のゲームの、再現性の悪いグラフィックを見せられているような気分であるかもしれない。

〇鳥の鏡認識話
ハトは鏡像認識ができるようだ。
もう一つ、カササギも鏡像認識ができるという研究がある。そして、カササギはカラス科の鳥だ。
カラスの仲間にはちゃんと鏡像認識ができるものがいるのに、ハシブトガラスにできない、だと?

〇鳥の嗅覚ナビゲーション
鳥が嗅覚を使ってナビゲーションを行う例も知られている。
鳥の嗅覚は未発達だと言われてきたが、最近の研究では、鳥類でも嗅覚を積極的に用いる例が見つかっている。

〇鳥と闘争
カラスがこういう闘争をやっていると、集団のほかのカラスたちが野次馬として集まってくる上、最後は周囲を取り囲んで見物する。

〇鳥の二足歩行と「歩くマシン」
動物の中ではかなり、二本足に適応した方である。
人間の直立二足歩行というのは、かなり変わった姿勢である。
こんな、膝も腰も伸ばして突っ立っている生き物は他にはいない。最新メカの歩き方。

【目次】
・PART1 鳥× テクノロジー こんなところに鳥と工学
鳥とヒコーキ、鳥と二本足、羽毛と悲劇、鳥と新幹線

・PART2 鳥× メカニズム 鳥の体と行動学
鳥とナビゲーション、鳥とセンサー、鳥とテーブルマナー

・PART3 鳥× ビヘイビア 鳥は何を考える
鏡よ鏡、鳥を捕まえる、鳥と闘争

[巻末企画Ⅰ]鳥マニア的 BOOK & FILM ガイド
[巻末企画Ⅱ]鳥マニア的「この人に会いたい!」スペシャルインタビュー 松本零士(漫画家)

零時社訪問記
おわりに

作品情報

詳細を見る
タイトル:
鳥マニアックス
ジャンル:
サイエンス・テクノロジー生物・バイオテクノロジー
著者:
松原始
出版社:
KANZEN
掲載誌:
ファイルサイズ:
4.8MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

同一著者の作品