ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

やわらかな知性 認知科学が挑む落語の神秘

保有ポイント 0
あらすじ・作品情報
落研出身の認知科学者は、前人未到の研究分野に飛び込んだ。日本初、実証研究の成果を書籍化

落語はなぜ、こんなに面白い?
落研出身の認知科学者は、その答えを探すため、
前人未踏の研究分野に飛びこんだ。
落語を知らない「論文の査読者」を納得させた独創的な仮説と実証実験。名人の口演分析から見えてきたメタ・コミュニケーション。
認知科学による落語研究、初の書籍化。

【目次】
序 章 認知科学はいかにして落語を捉えるか
第一章 巧妙な「状況モデル」と微細構造
第二章 「遊びのフレーム」とメタ・コミュニケーション
第三章 「まばたき同期」という糸口
第四章 「落語学」という企て
終 章 落語はだれがどのように研究してきたか

【著者】
野村亮太
認知科学者、数理生物学者、早稲田大学人間科学学術院准教授。1981年、鹿児島県に生まれる。2008年、九州大学大学院で人間環境学府行動システムを専攻し、期間を短縮して修了。2018年、東京理科大学大学院工学研究科経営工学専攻修了。博士(心理学)、博士(工学)。2020年4月より早稲田大学人間科学学術院にて劇場認知科学ゼミを主宰。大学時代は落研に所属し、研究者になってからは「落語とは何か」を追求している。著書に『プログラミング思考のレッスン—「私」を有能な演算装置にする』(集英社新書)などがある。
タイトル:
やわらかな知性 認知科学が挑む落語の神秘
ジャンル:
小説エッセイ・随筆
著者:
野村亮太
出版社:
ボイジャー
掲載誌:
ブックパス配信開始日:
2020/07/17
書籍発売日:
2020/06/29
ファイルサイズ:
2.4MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

おすすめ特集