ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

保有ポイント 0
あらすじ・作品情報
ジャスミン革命、ウォール街のデモ、ヨーロッパの債務危機・・・・・
ますます混迷するグローバル経済を知るための、最初の一冊。


『スティグリッツ 経済学シリーズ』は、約20年前の1993年に原書が刊行されて以来、経済学分野におけるグローバル・スタンダード・テキストの草分け的存在として知らない者はないほどの存在となった。

そのテキストの姿勢は一貫して、市場メカニズムを重視しつつも、市場の不完全性と限界を明確に認識した、ミクロ経済学とマクロ経済学を統一的に展開した「新しい経済学」である。特に著者がその発展に貢献し、ノーベル経済学賞受賞(2001年)の理由となった「情報の経済学」からの分析を多く取り入れ、さまざまな問題に応用しているのが特徴である。

『入門経済学』は、その中での経済学のエッセンスを学び取れるよう、そしてミクロ、マクロ経済学の両方を短縮的に修得できるよう、スティグリッツ自身の編集したマクロ部分が充実している点に特徴がある。

また、2008年のアメリカ発の金融危機、ユーロ危機についてスティグリッツ自身が特別に書き下ろした日本語版のための第12章「グローバル危機」が本書には含まれているグローバル・スタンダード・テキストの最新版。
タイトル:
スティグリッツ 入門経済学(第4版)
ジャンル:
ビジネス・経済経済経済
著者:
ジョセフ・E・スティグリッツカール・E・ウォルシュ藪下史郎秋山太郎蟻川靖浩大阿久博木立力宮田亮清野一治
出版社:
東洋経済新報社
掲載誌:
ブックパス配信開始日:
2020/09/11
書籍発売日:
2012/03/26
ファイルサイズ:
194.1MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

おすすめ特集