ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

コミック

女性コミック

男性コミック

小説

ラノベ

雑誌

趣味・実用

ビジネス

日本の医療の不都合な真実 コロナ禍で見えた「世界最高レベルの医療」の裏側

通常価格:877円 → 値引き価格:526円
2021/10/29 0:00まで
保有ポイント 0
あらすじ・作品情報
自分の人生の主導権を、コロナにも医療にも奪われないために。

新型コロナの感染拡大では、「医療崩壊」の危機が叫ばれた。
しかし、病院数も病床数も世界一多い日本で、なぜそんな事態に陥るのか。
そこには、「世界最高レベル」と称される日本の医療が、私たちの健康と幸福につながっていないという、根深い問題があった――。
著者は、財政破綻の結果、市内にひとつしかない病院がなくなるという「医療崩壊」が起きた夕張で地域医療に従事。
その経験を踏まえ、コロナ禍で露呈した日本の医療の問題点を明らかにする。

■病床が多いと平均寿命が延びる
■全国どこでも同じような医療が受けられる
■医師が忙しすぎるのは医師不足だから
■医療も市場原理に任せるほうがうまくいく
■地域の病院は減らしてはいけない
■公立病院の赤字は税金の無駄遣い
■病院がなければ高齢者は幸せに生きられない
↑↑↑↑↑↑
知っていましたか。以上7つはすべて「大いなる誤解」です!

〈目次〉
第1章:コロナ禍で起きた「おかしなこと」
第2章:人はウイルスとは戦えない
第3章:各国のコロナ対応、その背景と結果
第4章:日本の医療をめぐる7つの誤解
第5章:医療崩壊した夕張で起きたこと
終章:医療に私たちの人生を明け渡さないために
タイトル:
日本の医療の不都合な真実 コロナ禍で見えた「世界最高レベルの医療」の裏側
ジャンル:
社会・政治・法律社会社会問題
著者:
森田洋之
出版社:
幻冬舎
掲載誌:
ブックパス配信開始日:
2020/09/30
書籍発売日:
2020/09/30
ファイルサイズ:
5.9MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

同一著者の作品