ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

コミック

女性コミック

男性コミック

小説

ラノベ

雑誌

趣味・実用

ビジネス

保有ポイント 0
あらすじ・作品情報
なぜ米国一流メディアは偏向報道を続けるのか?ニューヨーク・タイムズやCNNをうのみにしてはいけない!現代のメディアでは、報道に携わる人々自らが「報道の自由」を踏みにじっている。報道の自由が失われているのは、政府による弾圧や抑圧があるからでも、ドナルド・トランプ大統領がメディアを非難しているからでもない。原因は、放送局や新聞社、そこで働くジャーナリストたちにある。かつて、ニュースといえば客観的な事実を集めたものだったが、いまは特定の意見やプロパガンダをニュースとしてまことしやかに流し、メディアがつくった「偽物」の出来事をあたかも事実のように報道し、ときにあえて事実を報道しないという選択をする。(本書「はじめに」より)
タイトル:
失われた報道の自由
ジャンル:
社会・政治・法律政治
著者:
マーク R. レヴィン道本 美穂古森 義久
出版社:
日経BP
掲載誌:
ブックパス配信開始日:
2020/10/04
書籍発売日:
2020/10/04
ファイルサイズ:
0.6MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード