ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

コミック

女性コミック

男性コミック

小説

ラノベ

雑誌

趣味・実用

ビジネス

篆刻 鑑賞と分析のコツ 深い理解が制作につながる

保有ポイント 0
あらすじ・作品情報
★ 技法や特徴から、歴史、思想まで。

★ 印の世界を深く正しく知ることで、
味わいを増した作品づくりに。

◆◇◆ 著者からのコメント ◆◇◆

篆刻(てんこく)は、印に文字を刻す伝統芸術です。
主に漢字の最も古い書体である篆書(てんしょ)を
刻すので篆刻という名称がついていますが、
実際には篆書以外の書体も用いられます。

篆刻は、手に収まるほどの
小さな四角の中に文字を配し様々な意匠を
凝らすことから「方寸の美」とも称され、
机上に収まる小さい空間の中に
無限の広がりを感じさせられる奥の深い世界です。
本書では「篆刻をどのように鑑賞すればいいのか」
というニーズに応えるべく、篆刻芸術を鑑賞し
理解するための見方・考え方について、
様々な作例を挙げて解説致します。

中国・日本における歴代の古印や
篆刻の作品解説にはじまり、近現代の
篆刻作品についてはそれぞれ独自の技法や
風格に着目して鑑賞の解説を行います。

この本が篆刻に興味を持つ方の
鑑賞の一助となり、あるいは篆刻芸術に
魅力を感じて篆刻を楽しむきっかけとなり、
篆刻人口の増加へと繋がることを願っております。

篆刻家 川内伯豐
タイトル:
篆刻 鑑賞と分析のコツ 深い理解が制作につながる
ジャンル:
趣味アート・デザイン美術総合
著者:
川内伯豐
出版社:
Mates-Publising
掲載誌:
ブックパス配信開始日:
2020/11/17
書籍発売日:
2020/10/01
ファイルサイズ:
30.1MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード