ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

コミック

女性コミック

男性コミック

小説

ラノベ

雑誌

趣味・実用

ビジネス

保有ポイント 0
あらすじ・作品情報
安定した大企業でのサラリーマン生活と決別し、プロテニスコーチ、トップアスリートのメンタルトレーナー、会社経営者、大学教授、講演者、執筆者といった様々な職業で成功を収めてきた著者に学ぶ、「好き」と「得意」を仕事につなげるための思考法。仕事に対する凝り固まった考え方から抜け出し、明日からの働き方が変わります。(※本書は2016/11/18に発売し、2020/12/1に電子化をいたしました)児玉光雄(こだま みつお)スポーツ心理学者。追手門学院大学特別顧問。元鹿屋体育大学教授・テニス部監督1947年兵庫県生まれ。京都大学工学部卒。UCLA大学院工学修士。米国オリンピック委員会スポーツ科学部門本部の客員研究員、プロテニスコーチ等を経て臨床スポーツ心理学者として多くのプロスポーツ選手のメンタルカウンセラーを務める。自身もテニスプレーヤーとして1970~74年、全日本選手権に出場。主な著書に『錦織圭 マイケル・チャンに学んだ勝者の思考』(楓書店)『イチロー思考』『なぜテニスは練習しても上手くならないのか』(東邦出版)がある。
タイトル:
いまの仕事でいいの?と思ったら読む本
ジャンル:
ビジネス・経済就職・転職・起業開業・転職
著者:
児玉光雄
出版社:
ディスカヴァー・トゥエンティワン
掲載誌:
ブックパス配信開始日:
2020/12/01
書籍発売日:
2016/11/18
ファイルサイズ:
0.2MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード