ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

コミック

女性コミック

男性コミック

小説

ラノベ

雑誌

趣味・実用

ビジネス

保有ポイント 0
あらすじ・作品情報
ビッグデータやIoTなども巻き込んで発展し続ける人工知能研究は今後、社会にどう受け入れられていくか? その鍵について著者は、社会システムを構成する人工物に「心的機能」が備わることと説き、それを「ココロの創成課題」と呼ぶ。本書は、その課題の実現を目指して研究を行ってきた著者の人工知能研究の足跡(動画像処理・強化学習・身体性・情動・共感)をたどりながら、ロボカップ研究(認知発達ロボティクス)から導き出された認知の問題意識などの重要性と成果、そして課題を解説する。各分野のキーパーソンとの対話やその知見なども紹介。【目次】第1章 序章:哲学者鷲田清一との語らいの中に研究の本質を見る第2章 はじまりは人工視覚の研究第3章 人間と人工物の間の関係に対する基本的な考え方第4章 身体・脳・心の理解と設計を目指す認知発達ロボティクス第5章 情動から共感へ第6章 脳神経系の構造と身体との結合第7章 身体表現の獲得第8章 共同注意の発達第9章 模倣とMNS第10章 人工痛覚と共感の発達第11章 音声の知覚と発声の発達過程第12章 言語獲得の過程第13章 自己認知・身体表象と社会脳解析第14章 エピローグ:ニューロモルフィックダイナミクスへの旅立ち
タイトル:
浅田稔のAI研究道 人工知能はココロを持てるか
ジャンル:
コンピュータ・インターネットIT・Eビジネス・資格・読み物情報科学
著者:
浅田 稔
出版社:
近代科学社
掲載誌:
ブックパス配信開始日:
2020/12/02
書籍発売日:
2020/11/01
ファイルサイズ:
54.7MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

同一著者の作品