ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

コミック

女性コミック

男性コミック

小説

ラノベ

雑誌

趣味・実用

ビジネス

池上彰と考える 「死」とは何だろう

保有ポイント 0
あらすじ・作品情報
死と向き合うことで、自分はどう生きるべきかということが浮かび上がってきます格差社会と言われる中、誰にでも「平等」に訪れるもの――それは「死」です。どんなに健康を保とうと努力しても、「死」は万人が受け入れざるを得ない“宿命”なのです。あなたにとって「死」のイメージとはどんなものでしょうか? やはり怖いものですか? 死ぬ前・死ぬとき・死んだあと――いったいどんなことが起きるのでしょうか? そもそも死ぬことは不幸なことなのでしょうか?誰もが迎えることになる「死」についての知識を深めることは、「自分の生き方」について深く考える作業となります。「死」を考えることは「生」を考えること。三大宗教をはじめ、多くの宗教の現場を取材し、それぞれに向き合ってきたジャーナリスト池上彰氏による「死」の世界の考察。巻末には、釈徹宗氏との対談も収録。読者の皆さんからの「死」をめぐる質問にお答えします。■はじめに ■第1章 そもそも「死」って何だろう■第2章 人はなぜ死ぬのだろうか■第3章 宗教でこんなに違う「死生観」■第4章 「死ぬとき」に起こること■第5章 「突然の別れ」と向き合う■第6章 「死」をめぐる質問にお答えします■おわりに ■コラム 世界のお葬式から
タイトル:
池上彰と考える 「死」とは何だろう
ジャンル:
心理・思想・歴史哲学・思想
著者:
池上彰
出版社:
KADOKAWA
掲載誌:
ブックパス配信開始日:
2021/03/02
書籍発売日:
2021/03/02
ファイルサイズ:
11.1MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

この作品の関連テーマタグ