ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

コミック

女性コミック

男性コミック

小説

ラノベ

雑誌

趣味・実用

ビジネス

保有ポイント 0
あらすじ・作品情報
スコット・ギャロウェイ氏絶賛!「本書はGAFAMに代表されるテック企業の文化の内幕を語る第一級の読み物だ!」『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』の著者GAFAMに代表されるテックジャイアントは、新しい変革経済を実現する技術を発展させて、煩雑な実務ワークを最小限にする方法を編み出してきた。これによって新たなアイデアのための余地ができ、それらのアイデアを実現できるわけだ。つまりテックジャイアントの文化は、改良ではなく変革をサポートする。テックジャイアントのベゾスやザッカーバーグ、ピチャイ、ナデラは、ビジョナリーではない。彼らはビジョンの仲介者、あるいは調停役だ。アマゾンやフェイスブック、グーグル、マイクロソフトの頂点で、彼らは自分のアイデアではなく、従業員たちのアイデアを実現するために働いている。そして、そのための仕組みを構築してきた。これらのCEOたちはみなエンジニア出身で、世界中の主要な企業によくある販売部門や経営部門の出身ではない。彼らの企業運営体制は、そういう背景から導き出されたものだ。これらの企業の変革にあふれた文化の中核には、「エンジニア思考」とでも呼ぶべきものがある。エンジニア思考とは、技術重視の態度という意味ではなく、構築や創造、変革の文化を支える考え方のことだ。エンジニア思考は、エンジニアが仕事に取り組むやり方にもとづいているが、技術関連の職種や職位にとどまらず、企業内で広く適用できる。しかもテックジャイアントだけのものでもない。もっと小さな会社でも同じように、効果的に取り入れることができる。本書は、エンジニア思考を解き明かし、どのようにベゾスやザッカーバーグ、ピチャイ、ナデラがアイデアの発想をうながし、実現するための仕組みづくりをしているかを説明する。エンジニア思考は間もなく世界中の企業で、一般的な考え方になるだろう。本書に登場するテックジャイアントの物語を通じて、世界トップクラスの企業がどのようにAIや自動化を利用しているかがわかる。それとともに読者が自分自身の職場で、実践できるモデルを提供する。
タイトル:
GAFAMのエンジニア思考
ジャンル:
ビジネス・経済経営経営・経営学
著者:
アレックス・カントロウィッツ小川彩子
出版社:
かんき出版
掲載誌:
ブックパス配信開始日:
2021/09/24
書籍発売日:
2021/09/24
ファイルサイズ:
3MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード