ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

ここがおかしい 日本人の英文法

読み放題プラン:初回入会時30日間無料

読み放題プラン(総合コース)に入会して読む 購入して読む

作品情報

あらすじ

伝えたいことをきちんと伝えるために――will と be going to 、冠詞の a と the 、現在完了形と現在完了進行形、過去形と過去完了形、think と suppose など、日本人がその使い分けにおいて最も間違えやすい文法事項に焦点を当て、ネイティブスピーカーと可能なかぎり正確なコミュニケーションをはかるための、考え方の基本を提示します。

作品詳細情報

タイトル:
ここがおかしい 日本人の英文法
ジャンル:
教育・語学・参考書語学英語読み物
著者:
安武内ひろしT.D.ミントン
出版社:
研究社
掲載誌:
ファイルサイズ:
0.1MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2015-9-8 ]

著者の主張する部分ははじめにの部分にすべてある。
本論では主に時制についての説明がなされているが、この説明については本書を読むことで理解するだけではなく、実際にアウトプットの課程で習得していくほうが学習としてはいいだろう。
学校での文法学習に重きを置きすぎであると主張する著者だが、学校で文法学習からのテストによって生徒の学力を図ることは否定していない。
それは教える側が生徒の習熟度計る基準をテストにしたほうが制度そのものが運用されやすいからだと。
ただし使える英語に昇華させるためにはそれだけでは不可能であり、原文多読を勧めている。
著者の主張のとおりに学習することに私も賛成している。

同じシリーズの作品(全3巻)

同じ著者の作品