ブックパス

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

シェア <共有>からビジネスを生みだす新戦略

小林弘人 ほか3名

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

車や自転車、工具のシェアからモノのリサイクル、リユース、そして、お金や空間やスキルのシェアまで、インターネットとソーシャルネットワークによって今、かつてない多様なシェアビジネスが始まっている。大規模なコラボレーションとコミュニティが生みだすフェイスブック時代の新しい〈シェアリング・エコノミー〉が、21世紀の社会と経済のルールを変えていく!

作品詳細情報

タイトル:
シェア <共有>からビジネスを生みだす新戦略
ジャンル:
ビジネス・経済仕事の技術・スキルアップビジネス教養
著者:
小林弘人レイチェル・ボッツマンルー・ロジャース関美和
出版社:
NHK出版
掲載誌:
ファイルサイズ:
0.5MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2018-8-17 ]

原題「What’s Mine Is Yours」。“わたしのものはあなたのもの”でしょうか。副題「<共有>からビジネスを生み出す新戦略」とし、過去の大量生産・大量消費が生み出した惨状と、シェアの現在と今後を論理立ててしっかりと説明してくれます。

まず、海上に流れ着いた大量のプラスチックごみについて。太平洋ゴミベルトと呼び、その「プラスチック・プランクトン・スープ」と呼ぶ毒が、今も漂流し、拡大しているという事実。太陽光線を浴びボロボロになるが決して分解されきれず、粒子を含んだ餌を生物が食べ、食物連鎖の末に、人間がその毒を口にする。何ともおぞましい状況です。プラスチック製品の害悪についてようやく企業もReduceの方向に動き出しますが、このひどい状況は一刻も早く世界中の国々が認識し、対策せねばならないでしょう。何ともひどい。

そういった大量生産、大量消費が多くのゴミを生み出し、また、作って買っても活用されない「元・資源」を大量に在庫し眠らせてきましたが、遠い昔からシェアという考えはあり、局所的に共有されてはきました。そこへインターネットの登場により、爆発的にかつ広範囲で「シェア」が活用されるようになります。ネットを使って余剰資源を有効に活用すれば良いのという気持ちで「シェア」のサイトを作り始めた人々。環境問題を解決しようとして作ったのではないけれども、シェアをする=新しいものを無闇に買わない=大量生産・大量消費からの脱却=環境保全、という流れを起こすのに十分なポテンシャルを持っていました。

すでにモノを所有するということ自体は古い価値観となり、他人とシェアするという考え方は一般的になっています。古い時代の価値観を引きずったままの商品開発やマーケットリサーチでは、到底市場に食い込むことが出来ない時代となっています。

これからのビジネスモデルを考えるにあたり「シェア」というキーワードは外すことはできません。未読の方は今からでも遅くありません。すぐにこの本を持っている友人を探すか、図書館に行ってみて手にとって見て下さい。良書。