ブックパス

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

チェンジメーカー 社会起業家が世の中を変える

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

社会起業家とは、ソーシャル・ベンチャーと呼ばれる新しいタイプの社会事業やNPO、NGOを立ち上げた人のこと。著名な写真家である著者・渡邊奈々さんは、本気で世の中を変えようとしているユニークな社会起業家たちと出会い、インタビューを重ね、1冊の本にまとめ上げました。

本書に登場する人々のアイデアと熱い思いが、インタビューに添えられた美しい肖像写真とともに静かな感動を与えてくれます。日本ではあまり知られていない世界的な非営利団体の活動を紹介する貴重な情報源でもあり、NPOやNGOに興味のあるすべての方におすすめしたい新しい仕事の本です。解説は、金子郁容慶應義塾大学教授。

作品詳細情報

タイトル:
チェンジメーカー 社会起業家が世の中を変える
ジャンル:
ビジネス・経済仕事の技術・スキルアップビジネス教養
著者:
渡邊奈々
出版社:
日経BP社
掲載誌:
ファイルサイズ:
7.1MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2011-2-8 ]

チェンジメーカー=世の中を変えることを選択した人々の静かな情熱が伝わるインタビュー本です。18人の社会起業家たちのポートレートはとても清々しい雰囲気で、それでいて強い意志を感じさせる眼差しはやはり非常に魅力的に映ります。


社会起業家に求められる資質として、
・右脳と左脳の両方が豊かであること
・何らかの社会の矛盾を解消したいという情熱があること
・変革を実現する可能性のあるまったく新しいアイデアを持っていること
・理想的なアイデアを現実にする上で具体的な戦略を持っている
・予期せぬ障害が起きたときでも、即座に頭を切り替えてゴールに向かう柔軟性
のすべてが備わっている必要があります。


さらに社会起業家の父、ドレイトンによれば、「社会起業家というのは、ただの夢想家ではなくて夢を持った行動家なんですね。彼らに欠かせない大切な資質は持続力です。社会の構造を変えるという遠大な作業は2,3年ではとてもかないません。数十年、いやそれ以上かかるかもしれない。あきらめず、へこたれず、短期的な達成感がなくても情熱を持続する力がいる。そして、最後にもうひとつ、最も重要な資質は誠実さです。私はフェローを面接するときにその人とふたりで険しい崖っぷちに立っている自分を想像してみます。そして心の声にじっと聞いてみる。果たして彼あるいは彼女に、私の心身をすべて委ねられるほどの誠実さがあるだろうか、とね」とあります。


個人的に非常に感銘を受けたのが、プロジェクト・インパクトの新興国向け医療ビジネスと、シーズ・オブ・ピースの敵対民族の子どもの合同キャンプです。貧困や人種差別、そして民族対立などは複雑な政治的要因が絡み、NPOといえどもなかなかカンタンに参入することができません。そこへアイデアを以て問題解決への礎を築く行動は率直に賞賛すべき偉業と呼べるでしょう。


これまでの日本では、経済的側面のみの社会活動が主流でした。日本の海外援助も企業の社会貢献も、とにかく金は出す、寄付はするけれどもあとはボランティアが勝手にやってくれ、というようなスタイルで、積極的にコミットするカンジではありません。そんな日本でも駒崎弘樹や山口絵理子のようなロールモデルがどんどん生まれています。アメリカ民主党大統領候補のオバマ氏もスラム街のNPOから社会派弁護士となりました。こんなにも優秀な人々が自分たちの住む世の中をより良くしようと考えている、それだけでもワクワクしませんか。


もうすぐ、社会起業は当たり前になる。日本の、世界の未来は大丈夫です。


■ソーシャル・アントレプレナーの父
アショカ財団/ビル・ドレイトン
http://www.ashoka.org/

■新興市場国を元気づける“中小企業診断士”
エンデヴァー/リンダ・ロッテンバーグ
http://www.endeavor.org/

■ソーシャル・ベンチャーのインキュベーター
アキュメン・ファンド/ジャクリーン・ノヴォグラッツ
http://www.acumenfund.org/

■日本版社会責任投資の伝道者
インテグレックス/秋山をね
http://www.integrex.jp/

■ホームレス専門の敏腕・住宅再生デベロッパー
コモン・グラウンド・コミュニティ/ロザンヌ・ハガティ
http://www.commonground.org/

■難民住宅問題の解決策を募る建築展主宰者
アーキテクチャ・フォー・ヒューマニティ/キャメロン・シンクレア
http://www.architectureforhumanity.org/

■貧者を救う格安医療事業プランナー
プロジェクト・インパクト/デビット・グリーン
http://www.projectimpactusa.org/

■紛争・危険地帯の赤ひげ先生たち
国境なき医師団/アン・フーシャル
http://www.msf.or.jp/

■市民のためのメディア仕掛人
インターニューズ/アネット・マキノ
http://www.internews.org/

■報道を規制する国々の見張り番
国境なき記者団/ローベル・メナール
http://www.rsf.org/

■どん底のエイズ患者を支えるアートセラピスト
ハウジング・ワークス/原田真樹子
http://www.housingworks.org/

■世界最大のフェアトレード認証機関のマーケター
マックスハベラー/ブレヒア・ヴェルマン
http://www.maxhavelaar.ch/

■紛争国家を和解に導くシナリオライター
暫定司法国際センター/アレックス・ボレイン
http://www.ictj.org/

■敵対民族の子どもを集めた交流キャンプのディレクター
シーズ・オブ・ピース/エヴァ・ゴートン
http://www.seedsofpeace.org/

■世界中の人権侵害を暴くメディアプロデューサー
ヒューマン・ライツ・ウォッチ/サマン・ジアザルフィ
http://www.hrw.org/

■子どもたちの転落を防ぐ人権派弁護士
青少年のための法律センター/ニナ・チャーノフ
http://www.jlc.org/

■小児病院に笑いと希望を運ぶピエロたち
ソッコルソ・クラウン/ユリ・オルシャンスキー、ジョバンナ・ペッズーロ
http://www.soccorsoclown.it/

■不登校児向け単位認定型フリースクール校長
スマイルファクトリー/白井智子
http://www.smilefactory.jp/