ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

IT時代の震災と核被害

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

あらすじ

詳細を見る

ITに関わる出版社として、震災と核被害について特別編集版を企画しました。グーグル、ヤフー、SPEEDI、スパコン「京」などの取材レポートとともに、社会の中のITおよびメディアの存在を考察すべく、当社としては異例の著者陣でお送りします。経産省総合資源エネルギー調査会基本問題委員会に参画する飯田哲也氏や、ツイッターのフォロワー18万人を誇るジャーナリストの津田大介氏など、注目の論者ばかりです。IT化がすすんだ社会で起きた複合震災について記録し考えることが、新しい社会へ脱皮するための里程標になることを願っています。

ITに関わる出版社として、震災と核被害について特別編集版を企画しました。グーグル、ヤフー、SPEEDI、スパコン「京」などの取材レポートとともに、社会の中のITおよびメディアの存在を考察すべく、当社としては異例の著者陣でお送りします。
<本文より>
◆業界を動かした一人の中学生(取材レポート/動画サイトとテレビメディアの相互補完):地震発生から1時間足らずの15時半頃、Ustreamのあるチャンネルにアクセスが集中していた。番組内容はNHKが放送中の震災ニュースのリアルタイム再配信で、テレビをiPhone4の内蔵カメラで撮影して配信するという単純な方法だった。ピーク時には4万人もの人々が、その動画を同時に視聴した。
◆東浩紀:原発事故のような危機のときは、国民の怒りが爆発したほうが政府やメディアは情報を出したかもしれない。行儀のいい文化というのは、危機のときにはマイナスに働くことだってある。
◆津田大介:マスコミがスルーしてしまうことにこそ、ソーシャルメディアの果たすべき大きな役割があります。
◆宮台真司:データの評価を政府に依存するような態度は、市民社会にとって自殺行為だと心得るべきです。

作品情報

詳細を見る
タイトル:
IT時代の震災と核被害
ジャンル:
心理・思想・歴史哲学・思想
著者:
池田清彦荻上チキ飯田哲也東浩紀宮台真司津田大介
出版社:
インプレス
掲載誌:
ファイルサイズ:
3.2MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

同一著者の作品