ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

横道世之介

価格:714(税抜)

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

今から20年前──。大学進学のため長崎から上京した横道世之介18歳。愛すべき押しの弱さと隠された芯の強さで、様々な出会いと笑いを引き寄せる。友の結婚に出産、学園祭のサンバ行進、お嬢様との恋愛、カメラとの出会い……。世之介の学生時代の1年間と彼と関わった人々の今を描き、誰の心の中にも、人生にも、温かな光を灯す青春小説の金字塔。第7回本屋大賞第3位に選ばれた、柴田錬三郎賞受賞作。2013年2月公開の映画原作。

作品詳細情報

タイトル:
横道世之介
ジャンル:
小説国内小説一般
著者:
吉田修一
出版社:
文藝春秋
掲載誌:
ファイルサイズ:
0.9MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2015-8-2 ]

ものすごく、ものすごく面白かった。
面白かったけれど、物語が終わりに近づくにつれて、ページを捲るのが惜しくて、惜しくて。。。1ページ、1ページ、1行、1行を大事に大事に読んだ。

主人公の世之介、ちょっと抜けてる、お人好し、押しにも弱いし、ちょっと頼りないし、肝心な所でドジ踏む。
でも嫌味がないから憎めない。それはいつも明るく、笑顔だからだろう。(意外にも真面目な所もあるし)

世之介と出会った人々が交わす会話のシーン、ちょっとずつズレてたり、噛み合ってない部分があるのだがそれが漫才してるみたいでおかしな場面があって吹き出したり、声に出して何度も笑った。
物語の途中、途中に世之介と関わった人々のその後が書かれているのも良い。(恋人だったお嬢様育ちの祥子の現在には、驚かされたけれど。)

読み終えた後、甘酸っぱい気持ちで胸の奥がギュッと苦しくなると同時に心が暖かくなる作品だった。

余談で世之介くんが住んでいた花小金井、我が家から割と近場でわあー!ってなった(笑)

同じ著者の作品