ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

汽車旅12カ月(新潮文庫)

価格:350(税抜)
※この作品はPCサイトでは再生できません。スマートフォンアプリからご利用ください。

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

数字が羅列してあるだけの無愛想な時刻表も、じっとながめていると、汽笛の音や線路の響きが聞えてくる。〈国鉄全線の完乗〉、〈最長片道切符の旅〉をなしとげ、無類の鉄道好きとして有名な著者が、バッグ片手にふらりとローカル線の旅に出た。――旅先で出会う珍しい風物、人情の機微、思わぬ新発見。四季折々に移りかわる旅の風情を、ユーモラスに爽やかに綴る、汽車の旅歳時記。

作品詳細情報

タイトル:
汽車旅12カ月(新潮文庫)
ジャンル:
小説旅行・紀行
著者:
宮脇俊三
出版社:
新潮社
掲載誌:
ファイルサイズ:
2.2MB
配信方式:
ダウンロード

作品レビュー

[ 2016-10-2 ]

それぞれの季節に、それぞれの旅がある。
 
著者のこれまでの旅行遍歴を月別にまとめ、傾向と対策?を探ったエッセイ。氏の初期の作品に当たるためサラリーマン時代の逸話が多く、実感を持って読み進めることができます。
 
印象的なくだりは「車掌、頭に来ました」。
こんな車掌が許された当時の国鉄のいい加減さというか、おおらかさに思わず頬を緩めてしまいました。

それにしても、ラストの12月の締め方、いかにも宮脇氏らしく渋いですねえ。

同じ著者の作品