ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

ホワイトラビット

価格:1,400(税抜)
※この作品はPCサイトでは再生できません。スマートフォンアプリからご利用ください。

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

仙台の住宅街で発生した人質立てこもり事件。SITが出動するも、逃亡不可能な状況下、予想外の要求が炸裂する。息子への、妻への、娘への、オリオン座への(?)愛が交錯し、事態は思わぬ方向に転がっていく――。「白兎(しろうさぎ)事件」の全貌を知ることができるのはあなただけ! 伊坂作品初心者から上級者まで没頭度MAX! あの泥棒も登場します。

作品詳細情報

タイトル:
ホワイトラビット
ジャンル:
小説国内小説一般
著者:
伊坂幸太郎
出版社:
新潮社
掲載誌:
ファイルサイズ:
0.5MB
配信方式:
ダウンロード

作品レビュー

[ 2018-9-30 ]

人知れず起きた立てこもり事件を軽やかに面白おかしく。
伊坂ワールド全開です。
黒澤が出てくるのが嬉しいですね。

誘拐をビジネスとして、無理がない程度に行っている犯罪組織のメンバー、兎田。
若い起業家によるベンチャー企業のようなものだという。
ところが、経理の折尾が資金を持ち逃げ、若い兎田は最愛の妻・綿子ちゃんを誘拐されてしまいます。
めぐりめぐって不本意ながら、立てこもり事件に発展‥?
たまたま空き巣に入った泥棒や、いろいろな人物が絡み、え~っと誰が誰なんだっけ‥
一つ一つ、楽しみましょう。

オリオン座について蘊蓄を傾けるのが大好きというモチーフや、「レ・ミゼラブル」の小説を読み切った人物がいて、作者が「レ・ミゼラブル」風に介入してきたりと、一癖あるスパイス付き。

「レ・ミゼラブル」は19世紀の長い小説で、貧しさや制度の重圧などに苦しむ人々を描いた文豪ユーゴーの重厚な作品だけれど、娯楽の少なかった当時の人気連載でもあります。ミュージカルや映画になっているように、ドラマチックで面白いんですよ。
私はたまたま岩波文庫全巻読みました! そういう人、どれぐらいいるんでしょうかね(笑)
軽妙なこの作品とはある意味では正反対ですが、面白いという点では通じるものが?
文化が爛熟した上での軽みとでもいいましょうか。時代は変わりましたね~☆

同じ著者の作品