ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

保有ポイント 0
あらすじ・作品情報
中島敦の小説「文字禍」、ホーフマンスタールの小説「チャンドス卿の手紙」。この二つの作品に描かれたいわゆる「ゲシュタルト崩壊」、すなわち、文字が意味や表情を失って見える現象をてがかりに、ウィトゲンシュタインの言語論に新しい視座を与え、カール・クラウスの言語論に、すぐれて現代的な意味を見出す。清新な言語哲学の登場! 第41回サントリー学芸賞受賞作。
タイトル:
言葉の魂の哲学
ジャンル:
心理・思想・歴史哲学・思想
著者:
古田徹也
出版社:
講談社
掲載誌:
ブックパス配信開始日:
2018/04/27
書籍発売日:
2018/04/10
ファイルサイズ:
0.2MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

おすすめ特集