ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

コミック

女性コミック

男性コミック

小説

ラノベ

雑誌

趣味・実用

ビジネス

三日月が円くなるまで 小十郎始末記

保有ポイント 0
あらすじ・作品情報
仙石藩士・刑部小十郎は、藩の御長屋を出て、江戸市中の借家に居を移した。仙石藩はかねてより隣接する島北藩と不仲だったが、仙石藩主が島北に面子を潰される事件「檜騒動」が勃発、小十郎の朋輩・正木庄左衛門は義憤に駆られ、藩主の汚名をそそごうとしていた。小十郎は、その助太刀を命じられたのだ。大家である古道具屋・紅塵堂の娘・ゆたとの淡い恋をはじめ、人情篤き人々に囲まれた、ほろ苦く切ない江戸の青春時代小説。
タイトル:
三日月が円くなるまで 小十郎始末記
ジャンル:
小説歴史・時代小説
著者:
宇江佐真理
出版社:
KADOKAWA
掲載誌:
ブックパス配信開始日:
2014/06/20
書籍発売日:
2008/12/01
ファイルサイズ:
0.4MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

この作品の関連テーマタグ