ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

コミック

女性コミック

男性コミック

小説

ラノベ

雑誌

趣味・実用

ビジネス

保有ポイント 0
あらすじ・作品情報
米国の新聞社・出版社が繰り広げている

「血みどろの生存競争」が日本にやってくる!



4カ月でビジネス誌系サイトNo.1に導いた

東洋経済オンライン編集長が予見するメディア・サバイバル



今、日本と世界のメディア界は、大きな岐路を迎えている。今後5年、メディア業界は100年に一度といってもいい激震を経験するはずだ。では、ウェブのさらなる進化などによって、メディアの形はどう変わっていくのか。ネットメディアを運営するプレーヤーの目と、業界を分析するジャーナリストの目から、「メディア新世界」の姿を予測する。

・8~9割のメディア人はデフレに

・テクノロジー音痴のメディア人は2流

・日経以外の一般紙はウェブで全滅する

・有料課金できるメディアの条件

・起業家ジャーナリストの時代がくる

・最後のガラパゴス業界が激変する

・欧米メディアの”血みどろ”の戦い

・これからはコンテンツとデータが王様

・5年でデジタルは端役から主役に

・一番偉いのは、新しい”稼ぎ”を創る人

・新時代のカギを握るのは、30代

・“のっぺらぼうメディア”の終わり

・ウェブと紙の6つの違い

・紙の本はそのまま残る?

・雑誌が紙である必要はあるか?

・次世代ジャーナリストの10の生き方

・記者は没落、編集者は引く手あまた

・ウェブメディアの8つの稼ぎ方

・どうすればネット広告は儲かるか?

・サラリーマン記者・編集者の終わり
タイトル:
5年後、メディアは稼げるか―Monetize or Die ?
ジャンル:
コンピュータ・インターネットIT・Eビジネス・資格・読み物インターネットビジネス
著者:
佐々木紀彦
出版社:
東洋経済新報社
掲載誌:
ブックパス配信開始日:
2014/07/04
書籍発売日:
2013/08/01
ファイルサイズ:
3MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード