ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

夫・車谷長吉

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

あらすじ

詳細を見る

この世のみちづれとなって――十一通の絵手紙をもらったのが最初だった。直木賞受賞、強迫神経症、お遍路、不意の死別。異色の私小説作家を支えぬいた詩人の回想。【本文より】長吉は二階の書斎で原稿を書き上げると、それを両手にもって階段を降りてきた。「順子さん、原稿読んでください」とうれしそうな声をだして私の書斎をのぞく。私は何をしていても手をやすめて、立ち上がる。食卓に新聞紙を敷き、その上にワープロのインキの匂いのする原稿を載せて、読ませてもらう。(中略)それは私たちのいちばん大切な時間になった。原稿が汚れないように新聞紙を敷くことも、二十年来変わらなかった。相手が読んでいる間中、かしこまって側にいるのだった。緊張して、うれしく、怖いような生の時間だった。いまは至福の時間だったといえる。 (本文より)

作品情報

詳細を見る
タイトル:
夫・車谷長吉
ジャンル:
小説エッセイ・随筆
著者:
高橋順子
出版社:
文藝春秋
掲載誌:
ファイルサイズ:
3MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

同一著者の作品