ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

生涯投資家

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

「お金儲けは悪いことですか?」2006年6月、ニッポン放送株をめぐるインサイダー取引を行った容疑で逮捕され、有罪判決を受けた村上ファンドの村上世彰氏。本書は、株の世界に復帰し動向が注目されている村上氏の、最初にして最後の著書で、半生記であり、投資理念の解説書でもある。灘高―東大法―通産省を歩んだエリートがなぜ投資の世界に飛び込み、いったい何を試みたのか。投資哲学、日本企業、日本の経営者たちへの見方とは。【目次】はじめに――なぜ私は投資家になったか第1章 何のための上場か・・・官僚として見た上場企業の姿/コーポレート・ガバナンスの研究 ほか第2章 投資家と経営者とコーポレート・ガバナンス・・・私の投資術/累積投票制度を導入せよ――東芝の大きな過ち ほか第3章 東京スタイルでプロキシーファイトに挑む・・・決戦の株主総会 ほか第4章 ニッポン放送とフジテレビ・・・私が見たライブドア対フジテレビ ほか第5章 阪神鉄道大再編計画・・・西武鉄道改革の夢――堤義明氏との対話/阪神タイガース上場プラン――星野仙一氏発言の衝撃第6章 IT企業への投資――ベンチャーの経営者たち・・・楽天――三木谷浩史氏の積極的なM&A/ライブドア――既得権益に猛然と挑んだ堀江貴文氏 ほか第7章 日本の問題点――投資家の視点から・・・日本の株式市場が陥った悪循環 ほか第8章 日本への提言・・・コーポレート・ガバナンスの浸透に向けて/世界一の借金大国からの脱却 ほか第9章 失意からの十年・・・東日本大震災について/フィンテックへの投資 ほか

作品詳細情報

タイトル:
生涯投資家
ジャンル:
実用教養人物評伝
著者:
村上世彰
出版社:
文藝春秋
掲載誌:
ファイルサイズ:
5.3MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2018-3-30 ]

本編を読む前に巻末の著者略歴をみて欲しい。そこにあるのは3行だけのシンプルな経歴だ。成果も栄光も語られていない。村上世彰氏が本書を刊行した理由は言い訳でも正当化でもなく未だ為らぬ日本へのコーポレート・ガバナンスの定着であった点に説得力を感じる。

私自身は村上氏に対して悪い印象を持っていないが、「ハゲタカファンド」のイメージがつきまとい本人も不本意であったろう。しかし魅力なき者をオリックス宮内氏や西武G堤氏、ISSモンクス氏など超大物たちが可愛がり支援するはずもなかろうから、やはり村上氏は相当魅力的な人物であったことが窺える。

村上氏は父親が投資家で、自身も小学3年生の時分から投資に慣れ親しんだという恐ろしい経歴の持ち主だが、「期待値」という表現で彼の天才的投資センスが随所に見受けられる。一方で経営センスに乏しい点は自身も認めるところだが、重要判断について語るとき著名人の名をスケープゴートにしたり、株主提案が投資先企業の本業強化とGoing Concernに貢献しているのかというと疑問があったりと、彼自身の狡猾さも感じられるので、その点は割り引いて評価する必要はある。

彼の行動は賛否両論あろうが、東京スタイルやニッポン放送、ユーシンなど株主統治の意識が低い経営陣らに一石を投じた意味合いは大きい。数々の派手な事件の裏で彼が何を思っていたか、彼が目指していたものは何だったのか、なかなか興味深く面白い本であった。

同じ著者の作品