ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

「三島由紀夫」とはなにものだったのか(新潮文庫)

価格:670(税抜)
※この作品はPCサイトでは再生できません。スマートフォンアプリからご利用ください。
au WALLETポイント 0

あらすじ

詳細を見る

“同性愛”を書いた作家ではなく、“同性愛”を書かなかった作家。恋ではなく、「恋の不可能」にしか欲望を機能させることが出来ない人――。諸作品の驚嘆すべき精緻な読み込みから浮かび上がる、天才作家への新しい視点。「私の中で、三島由紀夫はとうの昔に終わっている」と語って憚らない著者が、「それなのになぜ、私は三島が気になるのか?」と自問を重ね綴る。小林秀雄賞受賞作。

作品情報

詳細を見る
タイトル:
「三島由紀夫」とはなにものだったのか(新潮文庫)
ジャンル:
実用教養一般教養
著者:
橋本治
出版社:
新潮社
掲載誌:
ファイルサイズ:
2.5MB
配信方式:
ダウンロード

同一著者の作品