ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

イラスト図解式 この一冊で全部わかるサーバーの基本

作品レビュー

[ 2019-08-04 ]

・主な作業は「設定変更」と「トラブル対応」

・ネットワークは下位レイヤから理解する
・各レイヤは技術パートと機器パート

・まずは「OSI参照モデル」を理解する
(「通信をするときのルールの集まり」)

・7つに分けられた階層構造はそれぞれまったく異なる役割を持ち、別々に動作するようになっている。そうすることで、レイヤ同士が影響しあわないだけでなく、レイヤごとに分離したトラブルシューティングができるようになっている。

・実際のネットワークで使用されているプロトコルはごくわずかで限定されている。
1, 2: ethernet
3: IP, ICMP, ARP
4: TCP(Transmission Control Protocol), UDP(User Datagram Protocol)
5~7: Application Protocol

・プロトコルの役割ー「カプセル化」「非カプセル化」
(アプリケーションデータ>セグメント>パケット>フレーム)

・イーサネット:フレームをつくる(プリアンブル、ヘッダー、FCS (Frame Check Sequence)を付加
・イーサネットはMACアドレス(48bit)でコンピュータを識別
・NIC(Network Interface Card) or LANカード or Ethernetカード

・IP(Internet Protocol)はセグメントにIPヘッダーを負荷してパケットにする
・IPはIPアドレス(32bit)でコンピュータを識別。
(10進数、オクタット)
・IPアドレスはサブネットマスクという32bitの値とセットで使用する
・IPアドレスはサブネットマスクで分割した「ネットワーク部」と「ホスト部」で構成されている
・ネットワーク部;ネットワークそのもの
 ホスト部;そのネットワークに接続している端末そのもの
・IPアドレスは2の32乗個
・「使用用途」や「使用場所」によって、どこからどこまでをどのように使っていいかが決められている

・ルーター:イーサネットで作ったネットワークとネットワークを繋ぐ機器
・ルーティング:ルーターが行うパケット転送のこと

・MACアドレスはNICに焼き付けられている物理的なアドレス。IPアドレスはOSで設定する論理的なアドレス。この2つのアドレスを関連付けて協調的に利用できるようにするのがARP(Address Resolution Protocol).

・レイヤ4は通信制御とサービスの識別を行う。
・TCP: 通信の信頼性を確保
・UDP: 通信の即時性を優先

[ 2019-07-04 ]

サーバーに関連する情報が、1ページ1ページわかりやすくまとめられている本。
個人的には「社内サーバーの基本」のチャプターが知りたかったことがまとめられていてわかり易かった。

アプリケーションサーバーとWeblogicサーバーいう2つの用語の関係性が汎化と特化の関係(後者は製品)ということも知らなかった。

1.5回ほど読んだものの、まだ理解しきれていないため、日を改めて再読するようにしたい。

[ 2019-01-23 ]

サーバの基本的な機能や使われ方が紹介されている本。幅広く概要が紹介されているのはありがたいですが、初心者が読むには説明が少なく、ベテランが読むには浅いので帯に短し襷に流しの感はありました。個人的には薄く広く知りたかったので助かりました。

[ 2017-12-23 ]

「サーバー」の基本という切り口で、わかりやすくまとまっているものがなかなか見当たらなかったけどこれは良かった。シリーズの中でも良い出来のようで。

---

44 ARP (Address resolution protocol)
62 サーバー仮想化
64 仮想化ソフトウェア
68 サーバー構成するコンポーネント
86 ワークグループとActive Directoryドメイン
95 SSO(Single sign-on)
130 VPN
136 RAID
152 ファイアウォール