ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

何があっても「大丈夫。」と思えるようになる自己肯定感の教科書

(120)
価格:1,300(税抜)

作品レビュー

[ 2019-03-10 ]

何度も読み返したい/読み返すことになるであろう本。
自己肯定感を6つに分け、それぞれに対して複数のアプローチが書いてある。
自分に自信がなくて、何をどうしたらいいか分からないという方にも、この本に記載されている何個かは今の生活に取り入れられると思う。
自分に対しても、仕事上でも、本書の内容を伝え続けたい。

[ 2019-04-08 ]

若い頃、お世辞にも容姿端麗とは言えない男の子がいつも自信たっぷりで、男女問わず人気があった。彼の堂々とした自信がどこから湧いてくるのか全くわからず、よく知ろうともせず、単に図々しい人なのだ、と感じていた。

今思えば、彼はきっと自己肯定感が高い人で、あの頃の自分は、自己肯定感が著しく低かったのではないかと思う。

自己肯定感が低い状態に長期に渡ってさらされていると、時として、他人も同じ様に悩んでいないとヘコむという、面倒くさい状態になるように思う。

自己肯定感にも数種類あり、私の場合は、親から世代に渡って受け継がれたタイプの様に思う。
改善には、時間と積極的な働きかけが必要な気がするが、この連鎖を我が子には受け継がせないように、意識して続けていきたいと思う。

[ 2019-03-06 ]

職場での異動があったこのタイミングで読めて良かった本。新しい環境で不安が強くなったり、ネガティブに考えたりしがちだが、トレーニングを通して自己肯定感をあげていきたい。

[ 2019-03-09 ]

自分に自信がない、もやもやする、と感じるので手にとってみた。木に例えて自己肯定感を6つのカテゴリーに分けているのは分かりやすく興味深い。付録の体操動画は、信仰宗教か!とツッコミたくなるものだが、物は試し、やってみた。するとそんな動画も自分がシュールに感じられ、つい笑ってしまう。きっとそれでいいのだ。むしろそれが著者の狙いか? いや、真面目に身体を使ってリフレッシュするということは必要だし、手を挙げてのポーズは今もやっている。
不思議とバカにはできない、自己作用がある気がする。そう思えるだけで、ラッキーかな。

[ 2019-07-15 ]

読んでいてよくわからないことが多い。
整理されているように見えるがゴチャゴチャ感があるため、内容が頭に入りにくい。

[ 2020-06-21 ]

最近、朝起きるのが辛かったり、憂鬱な気分になったりすることがあったため、購入。

読み終えてから、自分の最近を振り返ると、自己肯定感が下がっていたのだと感じた。

というのも、本書では、自己肯定感は上下するものだと言っている。大切なことは、自分の自己肯定感が下がっている時に、その事に気づく自己認知である。

思い返してみると、気分が下がっている事に気がついてはいたが、しっかりと認識はしていなかったかも知れない。

自己認知を行った後は本書のメインとも言える、自己肯定感を上げるテクニックである。
瞬間的なものと、持続的に行う対処法を挙げている。

脳科学と心理学を元にしているので、信頼性は高いと考える。
無理なく行えるものばかりだったので、また気分が落ち込んだ時に隣に置いておきたい本であった。

[ 2020-06-19 ]

約1年前、事故に遭い心身共にひどく落ち込んでいた時があった。その時は何をやってもダメで悪い方にしか向かなかった。自分は何かの病気ではないかと強く感じていたが、最近自己肯定感という存在を知り、あの時はまさに自己肯定感が極限まで低下していたのだと感じた。
自己肯定感は様々な自己に対する意識などから構成され、どれかが下がると自己肯定感も下がる。いかにして常日頃から下がらないように心がけていくか、そのノウハウが書かれている。
ヤッターのポーズ、仮眠、寄り道、セルフハグ、リフレーミング、冒険ノート

[ 2020-02-17 ]

ヤッターのポーズ、瞑想、ツボ、歩いてみる
ま、いっか。なんとかなる。安心、大丈夫。
ライフチャート(人生で大切なものをを数値化し客観視)
レファレントパーソン(もし自分が◯◯だったらどうするか?)
課題の分離(最終的に誰が解決するべき課題か?)
タイムライン(何年後にどうしていたいか?)
リフレーミング(否定語→肯定語)

[ 2020-04-08 ]

人生を支える自己肯定感について述べた本。
「人生は自己肯定感で10割決まる」は大袈裟な気がするが、大きな要素であることは間違いなく、近年注目を集めている概念である。
中身はかなりの部分が技法の紹介である。読みやすい語り口で書かれているため、羅列的であっても苦とは感じなかったし、納得感を持って読み進めることができた。
紹介された技法の中のどれか1つか2つでも実践してみようと思う。

[ 2020-02-10 ]

自己肯定感を高めるためのトレーニング方法が細かく書いてあって自分に合ったものから試せる!

・少しだけ歩いてみる
歩くとセロトニンが分泌され、爽快感を生み出す
不安解消や多幸感も生み出す。

・トイレで手のツボを触る
デスクワークの多い人は緊張や運動不足からストレスに晒されている。
頭に血液が集まり、体の血流が悪くなる。
その結果、頭が重い、目が疲れる、首や肩凝り、のぼせるといった症状が出る。

・パワーナップ
仮眠方法。15〜20分目を閉じ、うとうと休息をとる。その効果は夜の3時間睡眠に匹敵する。

・バスタイムに目のヨガ
パーミング…まぶたに当たらないように手でくぼみを作り、目を温める。視神経が和らぎ、眼精疲労がとれる。

・十分な睡眠をとる
自己肯定感の高低は脳の疲れと直結している。
脳の疲れと睡眠も直結している。
自己肯定感を高めるためには、脳の疲れをとる睡眠が欠かせない。

○ポイント
自己肯定感は自分で無理して高めようとしない。

[ 2019-10-31 ]

https://www.read4action.com/report/detail/?id=1678
https://www.read4action.com/report/detail/?id=1670

[ 2019-05-14 ]

幼少期から苦しい時期を超え、35歳で引きこもり状態を克服した中島先生の、説得力ある「自己肯定感」を高める方法論。

ーあなたが今、自己肯定感の低い状態にあったとしても、大丈夫。その経験があるから人に優しくなれます。おごらない心を持つことができます。そして、自己肯定感が勝手に高まっていく方法はいくつもあるのです。ー

優しい言葉で、励ましながら考え方や方法論を伝えてくださっています。

日本人は自己肯定感が低い人が多いという、私もその一人です。どうしてついてないんだろう、また出来なかった、なんて自分は駄目なんだろう。いつも自分を責めて、悪循環に陥っていました。
30歳を過ぎ、仕事や結婚、人間関係、健康などあらゆることで「自分ばかり周りと比べてうまくいっていない」と悩んでいました。

この本を通して自己肯定とは何かを具体的に分析し、それらを高めていく方法を知り、実践し始めることで「私は私のためにいる。大丈夫、うまくいく。」と物事が好転してきた気がしています。

[ 2019-06-13 ]

自己肯定感て今からでも育つんだ、と知れた。
仕組みもよくわかってより、自分の人生を生きやすくできそうです。

[ 2019-06-04 ]

『何があっても「大丈夫。」と思えるようになる 自己肯定感の教科書』(中島輝著/SBクリエイティブ)vol.505
https://shirayu.com/blog/topstory/idea/8336.html

[ 2019-07-01 ]

自己肯定感を認識するためには、まず自分の状態を知るために一旦立ち止まる。
自己肯定感は瞬間的に高まる且つ少しずつ上がっていくものである。それは一気に下がることもありうる。
そのため自己認識(承認欲求を理解)する必要がある。
自己肯定感は6つの「感」に分けられる
①自尊感情
②自己受容感
「八風吹けども動ぜず、天辺の月」という禅の言葉がある。
八風は
いいな願う煩悩の四順
・利、誉、称、楽
やめてと願う四違
・衰、毀、譏、苦

③自己効力感
・自己効力感が安定していれば、私たちは何度でも挑戦する力が得られ、人生はいつからでも再起可能だと信じることができる
・クリアしやすい小さなステップを攻略し続ける。
④自己信頼感
・根拠のない自信こそが絶対的な自身である
→自分を信じ抜くことが、どんな困難な状況でも人生を切り開いていくことができる
・自己信頼感が高まっていると、自分の選択に自信が持てるので直感力が鋭くなる
・言葉の力は偉大
→潜在意識に入り込み、ネガティブな負の感情を書き換え、ポジティブな正の感情にしてくれる。
・自分を信じるという自己認識は、木の葉が光合成を行うように新しい力を生み出します。木の葉が、嵐にあたったときに全体を守るようにあなたを守ってくれます。挑戦するときは、枝を覆うようにカバーしてくれます。花が咲くようにあなたの成功を力強く押し上げてくれます。落ち葉となっても肥料となり、どんな時もやり抜く、この先の人生の大きな糧となります。
⑤自己決定感
⑥自己有用感
他人のために喜べるのは、人間の特性

[ 2020-02-16 ]

生きるエネルギーとなる自己肯定感。それは時として高かったり、低かったりと揺れ動くが、その特徴を意識した上で、自分の感情を客観視することが重要である。また過去の経験や他人との比較は自己肯定感を低下させる要因となるが、自分で変えられないものは諦める必要がある。

そもそも自己肯定感は6つの要素から構成され、自尊感情、自己受容感、自己効力感、自己信頼感、自己決定感、自己有用感の6つである。それぞれを強化することで、折れない心、勇気、自信、幸福感を得られる。

自己肯定感を高める方法として、その場ですぐに実践できる「瞬発型」とコツコツと習慣にする「持続型」がある。瞬発型はとにかくポジティブに、自分を肯定する行動と思想が中心である。持続型では、自己認知・自己受容・自己成長のアクションに取り組み、現状や自身の感情を客観視した上で、潜在意識から肯定的な思考ができるようにすることで、自己肯定感は自然と高まってくる。


行動する上でなにかと重要な位置を占める「自己肯定感」。教科書らしく、自己肯定感とは何か詳しくかつ分かりやすく説明されており、アクションも具体的である。

他者からの承認も確かにエネルギーにはなる。でもそれに頼り過ぎると他者の顔色を窺う生き方となってしまい、自己肯定感は高まらない。自分で自分を承認する、肯定すること。簡単なようで実は難しいことだけど、自分を信じられる自分って素晴らしいし、そういう生き方をしたい。

具体的なアクションは正直ありきたりな内容だけど、それらをまず知ることが重要だと思う。日々の何気ない行動や考え方において自分を肯定する機会はこんなにもある。たった一度きりの人生をより楽しく生きるためにできること。自分を生きること。

[ 2019-06-19 ]

4/16東洋経済オンライン記事で話題に!
自己肯定感が低い人に表れる危ない5つの特徴とは?
ネガティブなことを考えてしまう人に。

[ 2019-05-05 ]

めっちゃいい。
元気ない人は読んでみて欲しいです。
自己肯定感を高めるには、どうすればいいかということが具体的にたくさん載っています。
読んで元気になるというよりは、書いてあることを実践して元気になるといった感じの本だと思います。

[ 2020-03-22 ]

「みんなのレビュー」では高評価なものが目に付きますが、正直自分としてはそこまで感銘を受けることはありませんでした。勿論、自己肯定感の重要性について否定をするものではありません。
ただ、この著者さんの場合、ご自身の過去の経験があまりにも大きすぎて、そこから得た知見はちょっとぴり独りよがりなところも
見受けられるかなと感じます。言い方が悪いかもしれませんが、一歩間違えれば宗教っぽいニオイがないわけでもないな、と…。
プロフィールを拝見すると独学で身に付けた、といったことが書かれています。独学が悪いわけではないんですけれども、先にも書いたように、ご自身の経験に照らして、自分がこうだったからみんなにとっても有効でしょ? という盲従的な部分が気になってしまうのです。

[ 2019-05-25 ]

自己肯定感が持てるようになるためのテクニックが載っている本。
本を読んでいると、自分ってすぐに相手に嫌われないように機嫌を伺ってるし、自分の意見も自信もない。根拠のない自信なんてどうしたらできるんだって思った。
自分に自信がないのも、認められないのも、自己肯定感が低いことなのかなぁって思ったりした。
とりあえずは、本に書いてあるテクニックを一通り試そうと思う。中にはちょっと恥ずかしいと思ったりするのもあるけど、やってみなきゃわかんないし。
本を読んでいると、不安な気持ちも少しずつ解消されて前向きになれる不思議な本だった。

[ 2019-06-24 ]

自信が持てない原因がわかりました。自分を大切にしてなかったんですね。セルフトレーニングを実践して自己肯定感を高めていきたいです。

[ 2020-05-13 ]

YouTubeでおススメされていたので買いました。
一口に自己肯定感と言っても6種類の構成されています。
だから自己肯定感の高め方もひとそれぞれで、そのためのワークもいろいろ用意されています。
私はその中でもライフチャート書いてみるのが気に入りました。自分の今の状況が可視化できて足りないものが分かるので今何をやるべきかの指標になっていいです。

[ 2019-04-13 ]

[このレビューにはネタバレが含まれます]

続きを表示

[ 2020-01-01 ]

自己肯定感が高い状態にあると物事を前向きに解釈出来て積極的に行動する事ができる
第一章
1×2×3⚪︎4⚪︎5⚪︎6⚪︎7⚪︎8⚪︎9×10⚪︎11⚪︎12⚪︎
自己肯定感は変化する
自分の感情 自己肯定感を客観視 自己認知する
自己肯定感の高めかたには持続型と瞬発型があり組み合わせて使う
過去の失敗や他人との比較に囚われず評価は自分でする
第二章
自己肯定感の6つの要素
1自尊感情2自己受容感3自己効力感4自己信頼感5自己決定感6自己有用感
自己受容感 自己効力感 自己信頼感 自己決定感 自己有用感

[ 2020-01-24 ]

[このレビューにはネタバレが含まれます]

続きを表示

[ 2019-09-24 ]

何だかあっという間に読み終えた。私は、自己受容感がとても低かったみたい(本書内の心理テストによると)。
自分が自分であることを良しとしてないみたい。でも、アメリカに来て家族を持ってからは自分に誇りを持てたし、世界のいろんな人の常識や考え方に触れられてすごく気持ちが楽になった。日本にいるときにガッチガチに縛られていた上司やルールというものがいかに無意味かを知れた。だから、私の自己肯定感はだんだんと上がっていっていることを知れたという点でもよかったかな?

[ 2020-02-06 ]

具体的でわかりやすかった。
でももう自己肯定感の本は読まない。読むだけでは高まらない。実践していく。ダメだったらまた気づいた時から、始めよう。良くなるための活動で、責務ではないのだから。

○自己肯定感を高める3つのサポートトレーニング
1.自己認知
2.自己受容
3.自己成長
番外.負の感情をコントロール

1.自己認知
ライフチャートを書き、一つづつ、1点づつあげる。一点ならあげられることで自信がつく。
・尊敬する人に置き換えてみる。
・課題を分離し、他人の課題には踏み込まない。相手が自分をどう思うかを悩まない
 ゲシュタルトの祈り

2.自己受容
・ポジティブな言葉に言い換える
・うまくいなかないときもどうするか考えておく

3.自己成長
・一日3つ良かったことを書く
・イメトレ

番外 私は「最低だ」に「と思ったことに気付いてる」と付け足し、気持ちに区切りをつけておく。

[ 2020-03-27 ]

[このレビューにはネタバレが含まれます]

続きを表示

[ 2019-12-02 ]

2019/12/2

146.8||ナ (4階哲学)

最近、「自己肯定感」と言う言葉をよく聞きます。
打たれ強い人、自信がみなぎっている人などがいる半面、何をやってもうまくいかない人、すぐにネガティブになる人などさまざまです。
これらは、自己肯定感が深く係っているようです。
ちょっとした行動や工夫で誰でもいつでも自己肯定感が向上するようです。
ポジティブな人になってみませんか?

[ 2020-05-07 ]

何があっても「大丈夫。」と思えるようになる自己肯定感の教科書
著:中島 輝

「自己肯定感」とは、自分が自分であることに満足し、価値ある存在として受け入れられること。言わば、私たちの人生の軸となるエネルギーである。

本人の自己肯定感を高めるだけで、人生の重しとなっていた悩みそのものがなくなる。病に対する自己回復力があるように、心の揺れに対しても私たちは自ら回復する力を持っている。その鍵が自己肯定感である。

本書の構成は以下の4章から成る。
①自己肯定感の知っておきたい3つのこと
②自己肯定感ってそもそも何?
③自己肯定感が一瞬でパッと高まる方法
④自己肯定感をじわじわと高める方法

自己肯定感を表面上だけ捉えると日本人のらしさからは少し離れているように思う。今の自分に満足せずどんどん成長し続けたい。今に満足せず努力を重ねる。というそれからは対極にあるのかもしれない。

どちらが良いかというものでもなく、どちらがと考えている現状が自己肯定感が高いとは言えないのかもしれない。育児の助けになると手に取った本書も働く人にとっては、心の浮き沈みをセーブしたり考えを安定させることで成果をあげることは求められ、自己肯定感はそんな迷いがある今に持ってこいなのかもしれない。

無理に変える必要はなく、そんな考えもある。無理せずそこに近づけたらいい。そんな気楽な感じで本書を読み進めた。

走り続けると疲れることもある。
立ち止まって本書から学びそしてまた走り出すような余裕を持ちたい。

[ 2020-02-20 ]

冒頭の自己肯定感が高いか低いかのテストが見事に当たっていて面白い。これはユングによる五感タイプか直観タイプかを判定しているようにもみえる。五感=自己肯定感低い、直観=自己肯定感高いということか。