ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

コミック

女性コミック

男性コミック

小説

ラノベ

雑誌

趣味・実用

ビジネス

終わらぬ「民族浄化」セルビア・モンテネグロ

作品レビュー

[ 2019-05-06 ]

ユーゴスラビア解体後の”セルビア・モンテネグロ”の戦慄する現状がレポートされている一冊。
著者が直接現地に赴き、取材を重ねて、その現状を赤裸々に綴っている。

セルビア人が他民族を「民族浄化」したことは間違いない、しかしその”逆”が現在行われているのが現実。。。
「暴力」は絶対悪なのに、”される”側と”する”側が入れ替わりそれが消滅しない現実、思考を破壊する”憎悪”、、、。

どうすれば解決できるのか...!
解決には長い”時間経過”を待つしかないのか。。。
答えが出てこず、今も考えているっ。

[ 2018-10-04 ]

「ユーゴスラビア現代史」を読んで、そういえば昔ストイコビッチの本を読んだあとに関連本を買ったな!と本棚を探したらありました。まだ歴史的背景がキチンと頭に入っていなくて、少々ついて行くのに苦労しましたが、忌まわしい「民族浄化」のことを少しだけ理解できたように思います。

[ 2016-02-20 ]

現場からの取材から伝わってくる民族紛争の悲惨さ、やるせなさが痛々しい。冒頭は読み続けるのも辛い事実が続く、恨みの連鎖には言葉がない。

[ 2012-04-15 ]

1999年のコソボ空爆以来、西側には終わっていると報道されている現地の状況報告。何年も現地で丹念に取材した、ルポタージュ、報道(ジャーナリズム)とは、このようなことに原点があるのだと思う。

アカデミズムとは一線をおいた現地の現状であるので、その評価は読者やそれを読んだ人にゆだねられていると思う。

近親憎悪という形や、恐怖が次々と惨劇を生んで行くことなど、人間の業の深さを感じてしまった本だった。巻末の東大の柴教授との対談もよかったと思う。

[ 2011-06-07 ]

複雑な、ボスニア戦争のその後が分かりやすくまとめられてて読みやすかった。政治家たちと先進国の残した傷跡は、あまりにもひどい。。

[ 2013-08-13 ]

[このレビューにはネタバレが含まれます]

続きを表示

[ 2010-05-09 ]

[ 内容 ]
1999年のNATO軍の空爆により、コソボ紛争は公式には「終結」したことになっている。
しかし現地では、セルビア系の民間人が三〇〇〇人規模で行方不明になるなど、空爆前とは違った形で「民族浄化」が続き、住民たちは想像を絶する人権侵害の危機にさらされている。
また、空爆による劣化ウラン弾の被害は甚大で、すべての回収には一〇〇年を要するという。
本書は、空爆終了後六年間にわたって現地に通い続けた唯一のジャーナリストが、九・一一やイラク戦争の開始以降ほとんど報道が途絶えてしまったセルビア・モンテネグロの現状を告発した、渾身のルポルタージュである。

[ 目次 ]
第1章 大コソボ主義(二〇〇一年~二〇〇二年)(消えた一三〇〇人―セルビア人拉致被害者たち;真っ先に見た事務局長 ほか)
第2章 混迷の中で(二〇〇二年)(劣化ウランとユーゴスラビアの核;一〇月革命の裏側)
第3章 セルビア・モンテネグロの誕生(2003年)(新憲章発布とモンテネグロ;新憲章発布とコソボ ほか)
終章 語り部(二〇〇四年一〇月)(コソボ紛争終結後、最悪の暴動;スミリャネ―「民族浄化」された村にて ほか)

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

[ 2010-12-02 ]

NATOと言うな名のまたアメリカか!と言ったところでしょうか。
セルビア側もやっちゃってるが
コソボ側もやっちゃってるだろう。
なのにセルビアだけが空爆をうけ
コソボにはCIAが協力しちゃったりしてる

アフガニスタン、イラクに類する事例かと。

[ 2009-11-12 ]

背景をある程度知っていれば、文章は平易で逸話や対話も具体的。特定の主張ではなく混沌とした様子がじわじわと伝わってくる。インタビューされる人たちが著者にかける言葉はしばしば優しく、しばしば厳しい。これが著者を通して読者にも届く。

ちょうど現在(2009年11月)、NHK制作の番組でコソボの風景が少しだけ紹介される。「世界遺産への招待状 24 コソボ 戦禍を越えた教会へ」(2009/11/09) http://www.nhk.or.jp/sekaiisan/invitation/archives/archive091109.html
(2009/11/13, 16時台に再放送)。

[ 2015-07-17 ]

[このレビューにはネタバレが含まれます]

続きを表示

[ 2008-09-23 ]

前提知識がなさすぎて少しついていけない、、


とりあえず、世界の紛争と世界の歴史の本買ったので
内容を一通り読んでから再読して
改めて内容に関してはレビューを書こう。

[ 2014-01-04 ]

あくまで現地取材にこだわった筆者のルポ。
他民族国家の旧ユーゴとしてまとまっていた国が、あっという間にここまで分裂、崩壊してしまうとは...。民族の違いとは何なのかすら今ひとつ実感として刷り込まれていない自分のような日本人には、本質的に理解してない(出来てない)部分があるような気もする。

[ 2016-01-30 ]

分かりやすいことはいいことだけれど。
どうにもジャーナリストってのは…。

この本だけでやめたらだめだ。
それだけ。

[ 2008-03-12 ]

木村さんの現地取材主義は相変わらず。わたしはこの人の本を読まなければセルビア難民の存在も知らなかったかもしれません。内戦で一方の陣営からは被害が出ないなどということはあり得ないにも拘わらず。巻末の柴宜弘先生との対談も(短いですが)興味深いです。セルビア内の自治州としてやや影の薄いヴォイヴォディナが取り上げられていたのも印象的。もうひとつの自治州がコソヴォじゃ影が薄いのもしかたありませんけどね。(追記:とか言ってるうちにコソヴォも独立か…)

[ 2012-06-07 ]

数年前、ボスニアヘルツェゴヴィナを旅した。ヴィシェグラードという国境付近の街を目指して、スルプスカ側(セルビア人共和国側)に入ったとたん、旅行者の目にも何となく貧しさが感じられた。そういうものの背景に何があるのか、どういう事態が引き起こされていて、それに対しひとりひとりどんな気持ちでいるのか、じっくり考えることが出来るルポだった。

[ 2006-03-07 ]

木村元彦氏のユーゴの現在を描いた作品ですね。今尚続く、旧ユーゴの民族紛争。サッカー関係の記述はほとんど無いですが、旧ユーゴスラビアの今を知ることの出来る名著です!

[ 2005-09-14 ]

コソボ紛争後のセルビア・モンテネグロのルポタージュ。

セルビア系・アルバニア系住民間にはいまだ多くの問題がある・・・と言うのは簡単だが、この本に書かれている内容は、ずっと重い。
行方不明者が出つづけているセルビア系住民。その数三千人。何故、それが報道されないのか。何故解決しないのか。そして何故そんなことが起っているのか。

現地の重たい空気が伝わってくるような気分になってしまう。

[ 2006-09-02 ]

『悪者見参―ユーゴスラビアサッカー戦記』からさらに著者は旧ユーゴスラビア諸連邦・地域の取材を進める。
民族同士の対立は、居住地域からの対立民族の(拉致・殺害を含む)強制排除を生んだ。
もはやニュース・ソースとしては扱われない民族間の凄まじい“浄化”の実態を本書においてもその徹底した現場主義で伝えている。

[ 2011-10-28 ]

時代背景の知識がないから本質的な理解ができないが、とても興味深かった。
現地取材って重要だな。こうゆうのがジャーナリズムっていうんだろうな。

[ 2006-04-22 ]

この本に書かれていることが、同じ地球上で起こっていることかと思うと、暗澹たる気持ちになります。
民族が違うという理由で、隣人を殺しあう現実。
民族って何なんだろう?深く考えさせられるものがありました。