ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

オーバーキル バッドカンパニー2

(43)
価格:480(税抜)

作品レビュー

[ 2018-09-25 ]

バッドカンパニー2作目。相変わらずのアクション満載。でも、このシリーズは他の深町作品に比べ、かなり軽いテイスト。
短編なので物足りないような気もするが、これぐらいがちょうどいいのかも知れない。

今回も野宮のメチャクチャな司令に振り回される有道と柴。この2人の物語が交互に繰り広げられるが、今回から新たにメンバーに加わった美桜も活躍する。美桜は、1作目に相手として登場した女子大生だ。
さて、今回はミステリアスな社長、野宮の素性が明かされる。その素性を知ってもなお、ミステリアスで魅力的な野宮。これからも周りを振り回して欲しい。

[ 2019-01-20 ]

ずーっと積んでて楽しみにとっておいた♪新しいメンバーも加わり、相変わらずの凄腕集団。バッドカンパニーのレビューでも書いたと思うけど、ぜひぜひ長編でお会いしたい!このシリーズの(2作しかないけど)表紙をインテリアにしてるので次が楽しみです。

[ 2019-11-20 ]

バッドカンパニー続編。今まで同様野宮社長に振り回される男性陣。前作に出ていた美桜も仲間入り。謎に包まれていた社長の素性が明らかになってきたけど、まだ終わらない感じですね。

[ 2018-12-18 ]

私の中で勝手に【大人向けライトノベル】と呼んでいるシリーズ第二作。今作も良い意味で頭を使わず、サクッと軽快に楽しめたが、やはりこの設定で短編エピソードとなると、展開のバリエーションは限定されるのか、各話共に前作の二番煎じな印象は拭えず、少々パワーダウンの感は否めない。後半で野宮社長の秘密が明かされるものの、想定範囲内といったところか。柴の元上司・桐原は中々イカしたキャラクターだったのだが、そろそろ有道&柴以外のメンバー(特に妙教官!)の活躍も見たいところ。次回は華岡組との全面戦争を長編で読んでみたいなあ。

[ 2019-05-21 ]

人材派遣会社「NAS」。社員は、元自衛官や元警官の強面たち。金さえ積まれれば、どんな汚れ仕事も引き受ける。クスリ漬けの元プロ野球選手の救済、ヤクザ襲撃、悪徳サークル潜入……社員の安全よりも利益優先。脅し、すかしはお手の物。そんな極悪非道な命令を出し続ける経歴不詳の美人社長・野宮の“過去”がついに明らかに。息もつかせぬ、スリリングな展開の連続。

[ 2018-11-18 ]

シリーズ第2作。短編集なのでサクッと読めた。野宮の非情で人を食ったようなとこはM男にはたまらないだろう。有道の単細胞だが情にもろいとこが対称的で憎めない。長編でも読んでみたいかな。

[ 2018-05-19 ]

深町秋生『オーバーキル バッドカンパニー2』集英社文庫。

ピカレスク・シリーズ第2弾。今回も連作形式で6作を収録。

謎の美人社長の野宮が率いる過激な人材派遣会社・ノミヤ・オールウェイズ・セキュリティ・ヒューマンサービスの社員が引き受ける過激な仕事の数々……

前作とテイストは変わらず、進化も深化も感じられない。深町秋生作品の中では下位にランクするかな。

『ホワイトラビット』『アズ・タイム・ゴーズ・バイ』『クロスロード・ブルース』『ノーシェルター』『ブラック・マジック・ウーマン』『バーサス』の6編を収録。

[ 2018-05-29 ]

バッドカンパニーの続編。
引き続き、ライトに読めるアクション作品。
新しいキャラクターも登場したけど、絡みが少なくちょっと残念。
次も楽しみな作品。

[ 2018-08-25 ]

漫画を読んでいるような感覚で読みやすい本。
主人公の有道が絵に描いたようなヤンキーのおっさんで滅茶苦茶するところが面白い

[ 2019-08-11 ]

バッドカンパニーの続編。前作同様登場人物が個性的で面白かった。アズ・タイム・ゴーズ・バイがよかった。