ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

コミック

女性コミック

男性コミック

小説

ラノベ

雑誌

趣味・実用

ビジネス

医師が教える新型コロナワクチンの正体 本当は怖くない新型コロナウイルスと本当に怖い新型コロナワクチン

作品レビュー

[ 2021-06-19 ]

欧米と比較して遅れていた感じのあるワクチン接種が日本でもいよいよ始まりました。日本では「政府がやる!」と決めたら凄いスピードで進んでいくようですね。

私の両親も先週、第一回目の接種を終えて、来月には二回目の接種が完了となるようです。二人とも一回目の接種後は特に体調の変化もなかったようで安心しています。

そんな中でこの本をネットで見つけまして早速読んでみました。特に副題でもある「コロナウイルスは怖くないけれど、ワクチンは怖い」というキャッチコピーに目を惹かれました。

今のワクチン接種状況を見ると、高齢者でない私も年内には接種完了となっていると思います。法律による義務づけはないので、飽くまでも希望者のみとなっていますが、ワクチン接種をしていないと様々な不便を受けるような仕組みができつつあると思います。

現時点(2021.6)では、変異種はイギリス型からインド型も見られていて、これから接種するワクチンがどれほど効果があるか私はわかりません。おそらく今のワクチンを打ち終えた頃に、変異種対応のワクチンが開発されて、ワクチンをこれから打ち続けることになると思います、ワクチンを毎年打ち続けることの不安がある中で、この本を読んでいて色々と感じることがありました。

以下は気になったポイントです。

・DNAウィルスに比べてRNAウィルスの分子構造はヒドロキシ基でできているので、非常に不安定で分解されやすいので、変異しやすい(p19)

・オリンピック延期決定後の7月に全国で感染者数が再度多くなってきたのは、検査数を増やしたのが一大要因。オリンピック開催の利権に絡む人が感染者数を誤魔化して低く印象操作していたのを止めた。この間の数字の増加は実態を表したものではない(p23)

・ロックダウンを行なった国と行なっていない国、そして部分的な地域封鎖に留めた国の間で大きな差が見られない(p26、p29図)中国武漢の住民1000万人におけるロックダウン後のスクリーニング検査では、無症候性陽性例の検出率は非常に低く、濃厚接触者への感染伝播の証拠は認められなかったと報告された。要するに、無症候性感染者はウィルス量は少なく、排出期間が短いので感染伝播しにくいと報告された。これからロックダウンの正当性は否定されている(p28)

・PCR検査による陽性と、感染(発症)していることは全く違う。このことは厚労省もWHOも明確に述べている。国会答弁で「PCR検査陽性=ウィルスの感染性の証明ではない」と答弁している。PCR検査で陽性になることと、病気で免疫力がさがりウィルスが体内にたくさん拡がって発症することは違う。PCRでは陽性だが感染しているわけでない人が圧倒的に多い(p30)新型コロナウィルス以外のウイルス(インフルエンザ、アデノ、マイコプラズマ、クラミジア等)からも影響を受ける(p35)

・インフルエンザの患者数が激減した1番の原因は、2020年3月11日に日本医師会が全国の医師に対して、インフルエンザの検査をしないように求めているから。2019年48週(11/25-12/1)は、27393人に対して、2020年の同時期は、46人である(p45)2019年までは毎年1000万人が感染しているが、コロナウィルスはそのわずか20分の1である(p46)

・新型コロナウィルスで亡くなった人は2020.2月から1年間で8588人であるのに対して、癌で亡くなった人は37.6万人、心疾患は20.7万人(p50)

・アメリカ政府が病人に払うメディケアの補償額は通常の肺炎では5000ドルだが、新型コロナと申請すれば13,000ドル、さらに人工呼吸器をつける状態であれば39000ドルとなる。コロナ認定すると20%の増額となる。日本でも新型コロナウィルス感染症患者について厳密な死因を問わないこと、陽性者であって入院中・療養中に亡くなった人について、新型コロナウィルス死とするように通達している(p63)

・新型コロナウィルスの正式名称は、SARS-CoV-2であり、本当は新型でない。SARSは2002-2003年に流行ったウィルスで、この近縁ウィルスである。コロナウィルスは7種類あり、新型コロナウィルスはベータウィルス属でSARSに似ているので、SARS-CoV-2の名前が定着化した。遺伝子配列としては、コウモリウィルスとセンザンコウウィルスが混ざったような変異型のウィルスである(p69)しかしSARSより圧倒的に細胞に入りやすく、死亡率や重症化率は遥かに低いのがこのウィルスである(p70)

・一番気をつけるべきことは、無駄で有害なマスクをつけるよりは、弱毒ウィルスにかからない強い心を体を作ること。最も身近で一般人にもできることは、栄養状態を良くして化学薬品を避けて毒を取り込まない努力、そして免疫力を向上させること。体力と免疫力を上げることと、栄養のバランスを取ること、精神・生活・運動は連動している。(p87)

・今回の新型コロナワクチンは、治験さえもろくにやらずに認可される。この薬はRNAをいじるので、後におけるRNA変異リスクが最大の問題である。遺伝子レベルで問題が生じる可能性を考える必要がある(p92)

・インフルエンザワクチンは各自が医療機関で任意に受けているが、かつでは学校で集団接種を実施していた。それが1994年以降、全国でほとんど中止になった。群馬県前橋医師会による調査でインフルエンザワクチンに予防効果がないことが証明されたから。(p108)

・免疫を獲得できるのは、自然感染して体の免疫機構が戦ったから。それに対してワクチンは「人工的に作られたウィルスを」「途中経路をすっ飛ばして」「粘膜を介さずに」「繊細な本来の情報交換をせずに」体内に注射することで中途半端な抗体だけが作られることになる。そのため感染予防効果はない。作られる抗体は血中の抗体のみ、免疫の仕組み全体が働くわけではない。ウィルスはいきなり血液中に入り込むことはない、その異常な状態をわざわざ作っているのがワクチンである(p118)

・新型コロナワクチンで新しく導入された技術は、遺伝子合成技術であり、生きたウィルスも不活性化されたウイルスも入っていない。新型コロナウィルスだと思しきウィルスの一部を人間の細胞で作り出すように指示を出す遺伝子、が入っている。この技術を作ったワクチンをmRNAワクチンと言う(p133)

・ファイザーワクチンは18-85歳の被験者4万人以上を対象として、ワクチン接種群は8人の感染、プラセボ接種群は86人、10倍以上の効果を示しているtので90%を超える発症予防効果と言われた。それぞれ半数が母体数とすると、86人感染とは0.4%、8人の感染は0.037%、つまりその差額の「0.363%」が予防効果である。ワクチンを打っても打たなくても、非常に発症率が低いことに気づくべきである(p144)

・富裕層はワクチンを打たない、イーロンマスク氏、元ファイザーCEOのアルバート氏も自社ワクチンを接種しないと述べている。ビルゲイツも自分の子供にはワクチンを打たないと言っている(p160)

・ワクチンを打った人が亡くなった場合、これまでの事例から判断すると2日以内でなければ認められるのは難しい。2021年3月、ワクチン接種の3日後に亡くなった60代医療従事者の女性については、関連性は認めれていない(p165)

・強制接種にする場合には、予防接種法から変えなければならない、厚労省も「強制ではないので、個人の判断で」とコメントしている(p166)

・人類にとって最も怖いウィルスは、致死率は低いが高感染力があり、発症しない人や検査で偽陽性になる人が多く、また軽症の人が多いRNAウィルス、という言説がある(p180)

・CDCは死亡診断書に新型コロナウィルスと書かれていても、実際にコロナが死因と考えられる死者は6%であることを認めている(p201)

・ワクチン有害事象報告システムでは、5000人がワクチン副作用で死亡、20万人に副作用があったとしているが、全体の1%しか追跡できないので、実際の被害者数はこの100倍くらいはいるかもしれない(p207)

・インフルエンザの場合、罹患して獲得免疫ができれば全ての型に有効である。免疫力があれば全てのインフルエンザに効きますが、ワクチンだと一種類か二周類しか効かない上に有効期間も短い(p222)

2021年6月19日作成

[ 2021-06-19 ]

読みやすさ★★★★
学べる★★★
紹介したい★★★★★
一気読み★★★★
読み返したい★

コロナ報道に違和感やワクチン接種に不安を持つ人はぜひ読んでください。世界がぐらつきます。

2021年6月18日、Amazonランキング1位の売上だったのにもかかわらず、急に表示・販売されなくなった事実。焚書って現代でもあるんですね。
その他のコロナ関連本も読めなくなるかもと不安になり
、本を減らす方向性なのですが、急遽ネットで10冊くらい購入を決めました。
図書館にも置いてくれないようですので。。

個人的には日々ネットで集めている情報から大きく新しいものはなかったので、評価は低くなってしまいました。
まだ気付いてない人に紹介する用には最適。私も母に薦めます。

[ 2021-06-11 ]

みんな読んで!!!!

これ読んでなおかつ
『私は打ちます』という人がいたら
聞いてみたい。

一年でできたインスタントワクチン
なぜコロナを恐れ
ワクチンを恐れないのか?

そもそもコロナって何か?
PCR検査キットには
インフルエンザ、マイコプラズマ、クラミジア
他の影響も受ける。

ワクチンの正体は何か?
何が使われているか?
治験は?
誰が作ってるか?

一つづつ丁寧に解説しているし
わかりやすい。

学校、会社、自治体の方々にも読んでもらいたい。
「積極的な接種」をするようなことのないように!

そして一人一人が今まで通りの生活でよいことに
気がつくしかない。

[ 2021-07-07 ]

新型コロナウイルスの報道に少しでも疑問を持った人はぜひ読んでほしい。
自分は医学の知識が全くないため、所々分からない用語が出てくるものの、世界の動向等、日頃テレビで放映されない事実についても、エビデンス付きで説明しており、非常に説得力があった。
日本の社会構造上、ワクチン接種を避けられない業種もあるかと思うが、考え方を見直すきっかけになるはずである。

[ 2021-08-25 ]

衝撃的な内容で、にわかに信じ難いことも多かったが、マスメディアの情報をうのみにする怖さに気づくことができた。

ワクチンを接種することによるリスクについて、どれだけの人が調べただろう。

十分な臨床試験もされず、スピード運用された得体の知れないワクチンを体内に入れる怖さ、5年後10年後にどんな健康被害があるのかないのか、不透明過ぎてわからない。

この本をすべてうのみにするつもりもないが、ワクチン接種が当たり前の風潮に安易に流されず、慎重に判断したいと思う。

[ 2021-07-13 ]

[このレビューにはネタバレが含まれます]

続きを表示

[ 2021-07-05 ]

★★★★
今月1冊目。
この人、嫌いだったんだけどね。
この本はマトモです。
過去の色々な事がまとめてあってわかりやすい。
TVや政府の言う通り、ワクチンやってりゃ大丈夫という人は読まなくていいし、ワクチンというかコロナに疑問ある人は読んだほうがいい。

[ 2021-07-23 ]

信じちゃうタイプだから、真剣に捉えてしまって、最後の陰謀論のところは落ち込んでしまうほどだった。コロナって一体何なんだろう。。

[ 2021-07-15 ]

【シェア】

先日、
この出版社ユサブルの社長を紹介頂きました。

で、この本読んで
コロナ、ワクチン、
ふざけるな!と腹立たしく思ったところのシェアです。

 
山のようにあったのでほんの一部。
非常に重い内容。
目を背けずに直視しよう。

 

■mRNAワクチン(遺伝子合成技術)は、
従来のワクチン開発5〜10年間に対して
1年足らずの動物実験も行っていない新しいワクチン。

 
■このワクチンには
従来のように
生きた少量のウイルスや死んだウイルスは入っておらず
「新型コロナウイルスだと思わしきウイルスの一部分を、人間の細胞で作り出すように支持を出す遺伝子」が入ったもの。

免疫とは本来、鼻や口などの粘膜などを通して身体を通ったプロセスの中で、身体が学習してつくられるもの。
それをこのワクチンは筋肉に直接打ち込む。
しかもそれはウイルスの断片。

急に死体の断片が体内で直接に量産されても、
実際に生きたウイルスが外から粘膜などを通して入ってきたときに
身体はそいつとの闘い方を学習しているかといえば
全くそうではない。
それは別物だから。

■それだけでは済まない可能性がある。
設計図を人間の細胞に入れ込むのだから、この先何が起こるかは誰にも分からない。
自分の中で模擬新型コロナの断片がずっと作り続けられるかもしれない(注射)

[ 2021-08-05 ]

目覚めたばかりの人でも、理解しやすく、また受け入れやすい言葉で書かれているなと感じた。

『海外ではデモが大きな力になり得ますが、日本には日本のやり方があるわけで、一発逆転を狙うよりも地道に薄く広げるほうが日本人らしいと思います。』

周りでもワクチン接種を勧めてきたり、副反応に苦しむ人を見るたび、どうしたらいいのだろう…と謎の焦りや絶望感さえ感じていたけれど、「おわりに」の中で語られた内海聡さんのこの言葉に、諦めず地道に勉強を続けていこう、しっかり自分の頭で考え、信念をもって生きていこう、と改めて思った。

[ 2021-06-14 ]

新型コロナウイルスとワクチンについて、さまざまな側面から解説された一冊(著者は医師の内海聡さん)。新型コロナウイルスとはそもそも何なのか?という根本的なことから、 そもそもコロナウイルス感染者の数字は信用できるのかという疑問、ワクチンの概要から、新型コロナワクチンに対する懸念まで、製薬会社や研究者の実名を交えて、わかりやすく解説される。巻末に収録されている、ケネディ元大統領の甥であるロバート・ケネディ・JR(ワクチンの害などを発信している)との対談が面白かった。

[ 2021-07-28 ]

[このレビューにはネタバレが含まれます]

続きを表示

[ 2021-08-10 ]

何がほんまかわからんなるね。

さまざまな情報を集めて、結局は自分で決めるしかない。

我々庶民には本当のところはわからないから。

[ 2021-07-13 ]

2021年32冊目。満足度★★★★☆ 発売直後から一部ユーザーからの申請によりアマゾンでの発売がストップ(その後再開)するなど「トンデモ本」扱いされた話題の書。確かに著者の「推定」「主観」は多く、また展開する内容がかなり脇に外れて言及不要の内容も多く含む。そのため、頭の良い人であれば「ツッコミ」の余地はたくさんある。それでも、本書以外で私が知る情報等を勘案すれば、決して「無視できない」内容。なお、読み手を選ぶとだけ申し上げておく。

[ 2021-08-05 ]

[このレビューにはネタバレが含まれます]

続きを表示

[ 2021-06-15 ]

[このレビューにはネタバレが含まれます]

続きを表示

[ 2021-08-09 ]

新型コロナウィルスとワクチンについての情報を反体制側から読み解く本。
メディア、政府、SNSなどの情報源などの話もおり混ぜて解説している。
話は時々脱線気味になり、著者独特の際どい表現が多くなるが、比較的マイルドにまとめられている。
もちろん結論としてはワクチンは打たない方が良いということ。
ワクチン接種しようか悩んでいる人オススメです。

[ 2021-08-13 ]

前半のウイルス関連は「世の中が変なときに、変なことを書くと、わりと普通になった」という印象。
後半のワクチン関連は無理があるし、全体的に矛盾が多いが、正しい点も含まれている印象もあるので、ややこしい。

[ 2021-09-16 ]

本書はAmazonに掲載されなくなったことがある。それがAmazonの恣意的な言論統制ではないかと話題になった。Amazonから抹消されるとAmazonのAPIを使う読書メーターなどからも抹消されてしまう。恣意的な削除はAPI提供者として問題である。

本書は「新型コロナウイルスが恐くない理由」「PCR検査が信用できない理由」「コロナワクチンが危険である理由」「なぜ政府やメディアがここまで危機をあおるのか」などを書いている。新型コロナウイルスは危険ではなく、自粛もマスクも効果がなく、世界の死亡者数も不正確と主張する。一方で新型コロナワクチンは非常に危険なワクチンであり、打たない方がよいと主張する。このワクチン接種を推奨しない主張がワクチン普及を目指している中でAmazonの検閲コードに引っかかった理由ではないか。

ワクチンにはリスクがあり、接種は義務ではなく、自己の判断で接種するものである。ワクチンは開発されたばかりであり、接種者の数年後のデータは誰も持っていない。それ故に誰も保障できない。各自が判断するためには様々な情報に接する必要がある。危険を煽るとの理由で販売しないことは望ましくない。

新型コロナが危険か危険ではないかとワクチンが危険か危険ではないかの二つの論点がある。これらは各々別個に判断する必要があるだろう。本書は新型コロナが危険ではなく、ワクチンは危険という立場である。私は逆に新型コロナは危険と考えているが、ワクチンも危険性があると考えている。このため、接種の強制や事実上の強制には反対である。対面を求めるのではなく、New Normalな生活を求める人には、その選択肢を提示すべきと考える。私は本書の批判するコロナ脳に近いかもしれない。しかし、コロナ以前から昭和的な村社会の集団主義を批判する立場であり、それ故にNew Normalを歓迎している。

[ 2021-10-12 ]

コロナワクチンやマスクは社会生活をおくる上では必須と思われるけど、実際は意味のないこと。
なのかな?

[ 2021-08-22 ]

2021/08読了。
陰謀論やメディアでは報じられない内容を含んでおり、全てを鵜呑みにするべきではなく、どこまでが事実なのかという点はよく個々人で精査すべきと思う。ただ、コロナウイルスやワクチンについて、TVや御用学者を抱えたメディアの言葉だけを鵜呑みにするのでなく、幅広い意見や事実から自分なりの考えを持たないといけないなとは思い考えさせられた。

[ 2021-10-10 ]

考えがぶっ飛んでいるなーと思うところはある。ワクチンのところはなるほどと思うところいっぱい。お金が医師会や政治家や製薬会社に流れていく。打たなくていいや。そしてビルゲイツクソだな。

[ 2021-10-09 ]

この本を読んでいると、連日報道されている新規感染者数に一喜一憂したり、テレビをつけるとやってる新型コロナをとりまく状況を注視していたのが馬鹿らしくなってきたし、テレビからの情報なんて心底要らないって思えてくる。
ワクチン接種は個人の判断でと言いつつ、判断に必要な情報やデータは一切開示されず、接種をあおるように連日接種率を報道し、接種済みの人を対象にした特典やキャンペーンが用意されたり、ワクチン接種ありきな風潮が気持ち悪いし、社会全体が世界レベルでいろいろとおかしいことになってるんだな、と改めて思った。

こういう本がもっと広く読まれればいいと思うし、この本の内容をテレビでやればいいのに。